「速解力」とは…

このエントリーをはてなブックマークに追加

「速解力」(もしくは「速読力」)とひと言で言っても、

その実態は、もっと細かい能力の集合だと思ってください。

 

 

速読を行うのに、何か1つの能力を引き上げるとそれでよいということではなく、

様々な能力が揃って伸びる時に、総合的に「速く読む力」があがるのです。

 

 

すなわち、目を速く動かす「眼筋」、

速く動くものをきちんととらえる「動体視力」、

より広い範囲の刺激を取り込む広い「視野」「識幅」、

より短時間で刺激を認識する「識力」、

取り込んだ情報を素早く判断する「情報処理力」、

入ってきた情報を保存する「記憶力」、

必要な情報を取捨選別する「集中力」、

素早く正誤を決める「判断力」「決断力」などなど…。

 

 

 

逆に言うと、「速読ができる」ということは、

こういった様々な「能力」が備わっているということでもあります。

 

 

「パソコンができる」「簿記がわかる」

「秘書に必要な知識を持っている」などなど、

いろんな資格はありますが、「仕事が早い」とか

「仕事ができる」みたいな総合的な実力を示す資格があるとしたら、

この「速解力」を証明する資格なんじゃないでしょうか。

 

ということで(笑)、

 

11月は「第2回速解力検定」を実施します。

前回は残念ながら、受験方法がよくわからずに

判定不能になってしまった方が数人いた当教室ですが、

今回は全員しっかり自身の現在の実力を発揮して、

今後のトレーニングに繋げていってもらいたいと思います。

 

また、次は来年の6月ですので、

ご興味ある方はぜひともお問い合わせくださいませ。

お問い合わせフォームはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です