シニアの皆さんの習い事にも速読を!

このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそもこの教室で速読トレーニングを始めた目的というのは、

昨今の裁量性だの、成果重視の職場環境の中で

自分の仕事の能率や効率に思い悩む社会人たちや

そういった環境にこれから飛び込む学生たち、

また大学院への進学や資格取得に向けて準備する学生たちに

トレーニングを施して、自身の持つポテンシャルを高められるように…

というのが最たるものだったのですが、

実際に始めてみると、思いのほか、シニアの方々にも

速読の必要性があるのが見えてきました。

 

認知症への関心の高まりというのは、

シニアの皆さんの間で多く見られ、

パソコン教室の方に通う方々の多くが

「ボケ防止だよ」と笑って答えられています。

パソコンで頭を使ったり、

タイピングで指を細かく動かしたりというのが

脳へのよい刺激になるというのはもちろんありますが、

同じく速読トレーニングで脳を活性化させるというのが

老化防止、ボケ予防、認知症予防に役立つというのは

それを否定する人はいないでしょう。

 

NHKの健康情報番組「ためしてガッテン」が

主婦と生活社から6月に出版した雑誌

「NHKためしてガッテン科学のワザで脳から若返る。」

の中でも、記憶力・集中力アップの秘訣として

「速読トレーニング」が紹介されています。

「NHKためしてガッテン」が出版した「脳から若返る。」

「NHKためしてガッテン」が出版した雑誌「脳から若返る。」の中で、「速読」は紹介されています。

 

今当センターでトレーニングを受けていらっしゃる方も、

シニア(と表現するのが申し訳ないくらい、

元気いっぱいで活力にみなぎっている方々ですが💦)に

あたる方々がいらっしゃいます。

 

脳への刺激ということだけでなく、

日本速脳速読協会の他の教室では、

こんなことも聞きました。70歳過ぎたくらいの方で、

とにかく本をたくさん読みたいとおっしゃっていると。

元気で生きていられる時間というのが

自分には限られているので、

その間により多くの本を読んで、

知識も生活も豊かにしたいと。

確かに、「本を読んで、知性を高めたい、いろんなことを学びたい!」

という思いに年齢制限はなく、

そういったシニアの方々にも、速読トレーニングの効能というのは

確実にあると考えています。

 

ということで、前置きが長かったですが、

シニアの皆さんへの特別価格というのを設定します。

ここでいう「シニア」を何歳からにしようかと悩みました。

一般的には、以前の「60歳~」を「65歳~」に修正する雰囲気がありますが、

速読に関しては、「60歳~」として、よりたくさんの方に

速読に触れていただくのがいいかなと考えました。

60歳って、まだまだお若いですけどね。

料金の詳細はこちら

 

これで、シニアの方からも習い事の1つとしての

お問い合わせが増えるといいのですが。笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です