速読No.1の秘訣を伝授!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、日本速脳速読協会の定例研修がアスティ45でありました。

7~9月で行なわれた「速読甲子園」で見事全国1位に輝いた、

函館の個人指導塾「個人指導Q」の笠木塾長による講演でした。

 

 

こちらの塾、子ども達の速読も全国トップ10入りを続出させていますが、

社会人のランキングでも、全国1位は惜しくも逃したものの、

1位から15位までに、なんと12人を占めたとんでもない塾です。

 

大人で、しかも受講者20数人のうち、

半数を全国のトップ15に入れてしまうなんて、

絶対その指導法に普通じゃない(!)何かがあるに違いない、

と普段から気になって仕方がなかった「Qさま」の指導法。

 

こりゃあ、もう話しを聞きにいかないわけにはいかないってんで、

日曜日にも関わらず、行ってまいりました。

 

子供中心の話しではありましたが、いろいろと興味深いことを、

講演とその後の懇親会とで聞くことができました。

最も印象に残っているのは子ども達を本気にさせること。

 

子ども達は、基本的にほぼ横並びの立場なので、

お互いに競い合わせて、本気にさせるというのが

Qの全国制覇の要因の1つとのこと。

 

一方、当センターに来られている大人はそういうわけにはいきません。

大人は、速読力を鍛えようとする動機もそれぞれ違えば

年齢や備わっている各種能力も差が大きい…。

他人と競うというのは、逆にモチベーションを下げることに

つながりかねない。

 

ですが、唯一大人が競いうる相手がいるとしたら、

それは、今の自分、前回の自分…。

 

笠木塾長は、先日世界最高得点を連発している

フィギュアスケートの羽生結弦くんの言葉を紹介しながら

「前回を必ず超える」という意識づけをする大切さを

協調していましたが、

センターの受講者の皆さんにも、それを少しずつ

伝えていきたいと思います。

 

速読甲子園2015の表彰式の模様

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です