シニアが鍛えるべき「記憶力」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

「NHKためしてガッテン」で出した「科学のワザで脳から若返る。」というムック本を買いました。中に速読の記事が載っていると聞いたので。

 

速読について書かれたセクションを詠んだ上で、他の記事も読んでみると、興味深い内容がちらほら。

 

その1つが、「『記憶力は加齢とともに低下する』は思い込みだった!?」。

 

何それ?高齢になっても、記憶力は落ちないの??

 

ということで読んでいくと、「記憶力」というのも2種類あって、片方はやはり加齢と共に低下するものの、もう片方は低下しないし、むしろ高齢者の方が結果が良かったという研究もあるという。

 

まず、シニアの方が成績の良かったという記憶力というのは「覚える力」。つまり、「見たもの、聞いたものを自分の頭の中に入れる力」については、20代から60代にかけてほぼ変化がなく、東大生にもシニアが勝利したとのこと(!)。

 

ただし、この結果は「心理学テストを行います」という「魔法の言葉」をかけ、シニアたちの「思い込み」を排除することで出たものだったらしい。

 

通常は、自分たちの記憶力は落ちていると、シニア自身が自分に暗示をかけてしまって、それが結果に出てしまうようですね。

 

で、やっぱり加齢で落ちてしまう方の記憶力というのは、「思い出す力」。

 

人の名前が思い出せないとか、何かを取りに行ったのに何しに来たのか思い出せないとか…💦

 

この「思い出す力」を鍛えて回復させることで、脳の若返りが計れるんだそうです。

 

当センターの脳力トレーニングにも、この思い出す力を鍛えるメニューがありますよ!!私がとっても苦手にしているやつです!笑

 

どうやって鍛えるかってのは、またの機会にでも書きますね。

 

62b36b485ae907888e4d01b7dbda8054_l

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です