速読とは



速読は、単に「本を速く読むための技術」ではありません。
あなたの
「仕事力・学習力」を引き上げて
限りのある時間の
「質を高めるライフツール」です。

速度が3倍になると、インプットからアウトプットへ!

速読のトレーニングでこんな効果が!

1)資料・議事録の処理スピードがアップ!
資料や議事録、メールなど、活字情報の処理スピードがアップし、仕事の効率化が見込めます。

2)読書量が増えることで、幅広い知識が身につく!
日々の生活のわずかな時間を利用して読書量を増やすことができ、増えた知識がライフクオリティを高めます。

3)豊かな発想がわいてくる!
脳の活性化は、イメージ力・集中力・直観力を引き出します。

資格試験の学習に役立つ!
試験勉強で役立つのに加え、本番の試験でも試験時間を有効に使えます。

速読訓練で、思考力、集中力、記憶力も向上!

半年から1年のトレーニングで、9割が速読力の向上を認識

「斜め読み」や「飛ばし読み」とは違う

「速読」は、『斜め読み』や『飛ばし読み』といった概略把握的な読み方とは違います。内容の理解度や記憶力はこれまで通りで、読書速度だけを引き上げますので、同じ時間でこれまでの数倍の量の読書や学習ができるようになります。
仕事上でも、大量のメール処理、膨大な資料のまとめなどの作業を、今までよりはるかに短い時間で行うことが可能になります。

 

5秒で読むことができますか?
 人間の能力は、天才と凡人を比べても実は大差ないということがわかってきました。同じように勉強室いるのに成果が上がる人と上がらない人がいるのは、「頭の出来」だと思っている人も多いようですが、そうではないのです。
ではなぜ、成果を出せる人と出せない人とに分かれるのでしょうか。
その差は能力の違いではなく、脳の使い方によって生じるものだからということは、もはやいうまでもありません。
脳は私たちの想像を超える素晴らしい可能性を秘めています。しかし、大半の人たちはその一部しか使っていません。もったいないことに、脳の能力の大部分は活用されずにいるのです。


5秒で読めた方
読書速度3168字/分

(^▽^)/素晴らしいスピード!!
文章を固まりで読んでいる状態です。


10秒で読めた方
読書速度1584字/分

(^o^)丿いいスピード!
頭の中で音声変換せずに読んでいる状態です。



30秒で読めた方
読書速度528字/分
(*^_^*)普通のスピード
頭の中で、音声変換して読んでいる状態です。



1分で読めた方
読書速度264字/分
(^_^メ)めざせスピードアップ!
頭の中で、ゆっくり音声変換して読んでいる状態です。



「黙読」から「視読」へ

多くの人が読むのに時間がかかるのは、頭の中で1文字ずつ音声化する「黙読」をしているからです。これを、文章をかたまりで瞬間的に視野に入れ、同時に内容を理解していく「視読」に変えていくことで、「読み解く」速度が上がっていきます。

「視読」は誰もが行っている!?

「視読」自体は決して珍しいこと・難しいことではなく、誰でも普段からやっていることです。たとえば、見知った人名や地名などが目に入った瞬間、その意味を理解しているのも、身近な「視読」の1つの例です。

 
「速読」には「視読」のレベルを 引き上げるトレーニングが必要


「速読」ってなに?

当センターでいう「速読」とは、
普段と同じ感覚のまま、読む速度を加速すること」をいいます。
トレーニングでは誰にでも備わっている脳の性質を活用し、
「普段の読み方(音読・黙読)」から、
高速かつ長時間でも負担のない「速読の読み方(視読)」へと移行させます。



テレビ番組でおなじみの「あの人」も速読の魅力について語っています!


「速読と脳科学」~速読によって様々な脳機能が向上~

脳科学者、脳科学評論家 澤口 俊之さん

 「速読によっていろいろな脳機能を向上させることができます。まず、視野が広くなり、目の動きがスムーズになります。これに伴って『注意の視野』が広がります。注意の視野が広がれば、スポーツや車の運転がうまくなりますし、危険回避能力も高まります。」
「もっと注目すべきなのは、ワーキングメモリの速度が上がる、という点です。ワーキングメモリは思考や推論、計画、決断などの多様な高次脳機能の最重要な基礎です。このワーキングメモリが速くなることで、思考や決断も速くなり得ます。速読中の脳の活動を見ても、注意やワーキングメモリに深く関わる前頭前野が左右共にとても活性化します。前頭前野はこれらの機能以外にも、勉学や仕事などに重要な諸機能に関わります。速読がそうした前頭前野機能を広範に高めることは明らかです。」
「さらに、前頭前野の働きは20歳を過ぎると加齢と共に下がりますから、速読が脳の老化を防止する可能性もあり、この点からも速読は大きな意味をもつと言えます。」






どんなトレーニングをしますか?